国家資格を有するって・・・

はり師 きゅう師 で

理学療法士 なのさ

最近、同職種のFacebookから流れてくる情報は、

整体院を開業した療法士の誇大広告や業務内容は法に抵触するのでダメです

といった内容です。

 

法令遵守は当然大事です。

国家資格を取得したと同時に責任を背負うことになります。

 

理学療法士には開業件はございません。

間違いなく。

 

鍼灸師には開業件はあります。

間違いなく。

 

広告に関しての

コンプライアンスには

気を払っていますが

ダメならダメ出しも欲しいと思う。

 

これだと新手の不安ビジネスと変わりないよね(笑)

 

理学療法士を名乗ってはいけない風潮なので

少々困っている今日この頃。

 

少なくとも

私が実現したいことは

クライアントの実現したい想いを支援して

良かったと思える経験を、実績を獲得していただくこと。

 

プロセスに必要なら鍼灸やら運動療法やら外出支援やら

やりますよ。

 

それがリハビリテーションの一端となり

地域包括ケアの一端に触れることになれば

自身の存在価値につながると思ってます。

 

先人に負けないよう

頑張ります。